ベランピング

納涼*ベランピング 2020/8/9(日)

カレンダー通りの休みはないけれど、事前申請していた2連休に上司がたまたまプラスしてくれた公休。

2連休は久しぶりの宿泊登山を楽しんだので今日はのんびり。

仮の日除けとして取り付けていたアジアンチックな布を外し、ベランダ用サンシェードに付け替えてみよう。

 

日よけシェードの購入

 

通販でも市販でも、サンシェードと言えばほぼビニール系(ポリエチレン)のもの。

安価で手に入りやすいのだけれど。

遠目で見ればわからなくても近くで見ると絶対安っぽい。

 

かと言って、日本製で高価な商品は8000円以上もする。

正直、サンシェードにそんなにお金はかけたくない。

 

<私のこだわり>

●生地がポリエステル100%

ポリエチレンなどのビニール系はいまいち愛着が持てない

●外壁に合う色味

美観を損ねたくない

●ベランダ用サイズでハトメ付き

賃貸のベランダ(しかも私の使用方法)にマッチする

 

実際に購入したのはこれではなく、ベランダ用幅190㎝×丈100㎝無地の商品になります(リンクが出てこないので悪しからず)

 

 

販売元がサンローズ㈱という愛知県の会社のサンシェードは、ビニール系がお好きじゃないかたにオススメ。

カーテンのような生地で、アイボリーやグリーン、茶色など無地もあり。

無地といってもヘリンボーン織りなので何となくおしゃれ。

190×100サイズはたったの2200円(+送料)だけど、楽天ポイント使用でかなり安く購入できた。

 

サッシの外側に着ける方法だと、有効スペースが狭くなってしまう。

長いサイズだと植物に日が当たらなくなるし、洗濯物も干せない。

なかなか合うサイズが見つからなかったけどこれなら大丈夫。

 

たまたま使っていなかった突っ張り棒を伸ばしてみたら2m近くにもなった。

サンシェード付属品の長い白紐を切ってハトメに通し、突っ張り棒に結ぶ。

それを物干し竿受け金具に設置し下のハトメ2箇所を紐で縛れば完了。

 

無地だけどヘリンボーン織り

 

オリーブの木はサンシェードの外へ。

 

夏のベランピング

 

こんな感じで植物のための陽射しも確保しつつ。

とりあえず、隠れ家が完成。

 

隠れ家チックな狭さ

 

解体した室外機カバーをノコギリで切るのは結構時間がかかり、まだ全部処理しきれていない。

あんな画像みたいにサクッとは切れない(笑)。

女性がやる作業としては思いのほか大変なのであった。

とりあえず再利用できるものはとっておき、気長にやっていこう。

 

*本日の朝食*

 

ハムとスクランブルエッグ(マジックソルト味)

石窯 フルーツとくるみのパン

ミニトマトサラダ

グリーンキウイ

プレーンヨーグルト(オレンジママレード)

カフェオレ

 

大好きなジャーマンヨーグルトのご紹介

 

ちなみに、共進牧場ジャーマンヨーグルト(プレーン)は今までの人生で最高のヨーグルト。

プレーンなのに濃厚で味に深みがあってそのままでも食べられる。

メープルシロップをかけたらもう、素晴らしいごちそう。

 

出典:共進牧場

 

ただし、近所のスーパーにはなく成城石井でしか見かけないので、成城石井に行った時にはまとめ買いするほど。

どんな謳い文句が書いてあろうと、これを越えるヨーグルトは今のところない。

こんな地味なパッケージなのに、隠れた名品とでもいおうか。

お値段は219円(税抜き)と、むしろ安いくらいで良心的でもある。

共進牧場さん、いつもありがとうございます。

 

【共進牧場】

http://www.kyoshin-milk.jp/products/yogurt/index.html

 

最後に

 

ラベンダー

 

初夏にたくさんの花を咲かせたラベンダー。

暑い時期は休止期。

特に手をかけてもいないのに、毎年ありがとね。

 

ブログにアップするまでもなく、ここで冷たいお茶を飲んだりランチをしたりとベランピングを楽しんでいる。

今度は、夜間も挑戦してみようかな?

一回ベランダで寝てみたいなぁ。。。

しおん
山のとりこになって10年。 今一番行きたい場所に、いつもひとり気ままに出かけています。 無類の猫好き。(=^・^=) 東京在住。
\ Follow me /