花さんぽ*都内某所 2020/5/7(木)

未だ登山自粛中のため、買い物がてら散歩に出かける。

相変わらず道端の花に引き寄せられる。

空の青さと初夏の陽気がとても嬉しい。

 

道端の小さな花

 

ヒルザキツキミソウ(昼咲月見草)

 

北アメリカ原産の宿根草で耐暑性、耐寒性あり。

こぼれ種で増え、ほったらかしでも毎年同じ場所に咲いている。

わりと大きめの花だけれど淡い桃色がなんとも可憐。

 

街路樹のツツジに見とれて

 

路肩を彩るハナミズキとほぼ同時期に開花する。

ホルムアルデヒドを吸収し空気を浄化してくれる働きがあるそうだ。

そうか、だから排気ガスにも強いんだね。

 

ユウゲショウ(夕化粧)

 

こちらも北アメリカ南部~南アメリカの帰化植物。

コンクリートの隙間や荒れ地などにもたくさん咲いている。

ヒルザキツキミソウよりも小ぶりだけど、遠くからでも目立つ濃いめのピンク色。

 

ムラサキカタバミ(紫片喰)

 

南アメリカ原産。

花の中心部が明るい黄緑で、雄しべの葯は白い。

 

イモカタバミ(芋片喰)

 

花弁中央部が濃い赤紫色で、雄しべの葯は黄色。

野生化するほど逞しい花。

地下に芋状の塊茎があるのでこんな名前。ちょっと可哀相。

 

ニワゼキショウ(庭石菖)

 

小さい公園の草むらの中で見かけた。

薄紅色に濃い色の筋が入るピンク系。

 

ニワゼキショウ白花

 

雑草とは思えない美しさに見入ってしまう。

北アメリカを原産とするアヤメ科の植物で繁殖力は強い。

 

キュウリグサ(胡瓜草)

 

日本全土に分布する。

花径2~3ミリほどの小さな水色の花。

葉をもむとキュウリのような匂いがするのでこの名がついた。

どこにでも咲いているが、見つけた時の嬉しさは大きい。

 

猫さんにごあいさつ

 

地域猫①

 

耳が桜型にカットされた(避妊もしくは去勢済みの)トラ猫さん。

地域猫②

 

柵の間からこんにちは!

 

最後に

 

休みの日には久しぶりに大がかりな断捨離も行い、すっきりして気持ちがいい!

今までの価値観が覆されたおかげで見えてきたものもある。

否が応でも見直す機会ができたというか。。。

自粛中とはいえ、嫌なことばかりではないようだ。

しおん
山のとりこになって10年。 今一番行きたい場所に、いつもひとり気ままに出かけています。 無類の猫好き。(=^・^=) 東京在住。
\ Follow me /