登山

紅葉と小春日和の破風山*皆野アルプス*満願の湯 2019/12/3(火)

だんだんと冬めいてきた今日このごろ。

シフトの2連休で避難小屋を訪れる計画を立てていた。ところが1日目は大雨、翌日は晴れの予報。それなら日帰りでどこか歩きたいなぁ~。

 

  • 今まで一度も登ったことのない山
  • まだ紅葉が楽しめる近場の低山
  • 登山口まで公共交通機関で行ける
  • 下山後の温泉とランチを楽しむ

 

その条件にぴったり当てはまったのが奥武蔵の破風山。

以前どこかでもらった“皆野町ハイキングマップ”を引っ張り出し、ヤマケイオンラインでGPXファイルをダウンロードして、前夜にバタバタと準備をする。

そうそう、ヤマレコはログインしないと地図のダウンロードはできないけれど、ヤマケイは部外者にもOKで大変ありがたい。

 

往復のアクセス・トイレ情報

 

[往路]

08:13 秩父鉄道にて皆野(着)

※羽生で往復割引きっぷ(1470円・当日限り有効)を購入

 

羽生⇔皆野が片道920円のところ往復割引きっぷなら370円安くなる

 

皆野駅前(徒歩1分の発着場所)より8:20(平日運行)のバスに乗り、秩父華厳前バス停で降りてスタートする逆周りルートも選択肢にあった。そちらのほうが行程的にも楽かと思われる。

今回は、大人気の満願の湯の温泉とわらじカツ丼に釣られて大渕登山口からのルートにしてみた。

 

[復路]

15:05 秩父温泉前よりバス → 15:23 皆野(190円)

15:42 皆野より秩父鉄道(発)

 

【皆野町営バス時刻表・日野沢線】

http://www.minano.gr.jp/2017/03/30/6183/

※平日、土日でダイヤが違うのでご注意ください

 

トイレは皆野駅ホーム(改札内)、華厳の滝登山口しかありません

 

登りごたえがある皆野アルプス

 

皆野駅に降り立った記憶はあるのに、どこの山に登ったか全く覚えていない。地図を前後左右にスクロールし“天空のポピー”という記載をみつけやっと思い出す。

前日の大雨が嘘のように好天となり朝からウキウキ。野上駅あたりだったか、窓の外が真っ白な霧に包まれているのが見えた。さっきまでの青空はどこへ?と一瞬戸惑うが、朝霧は晴れると言うしね。

皆野駅に到着するとパッと霧が晴れ陽射しが戻ってきた。あぁよかった!

皆野駅からスタート

 

民家脇の落ち葉が鮮やか

 

「しかし、ひとっこ一人いない静かな町だな~」と舗装道路を歩いて行く。時折、車は通りかかるけれど。

出発前、地元でコンビニに寄る時間がなかった。持参したスイーツと塩タブレット、サーモスの熱い緑茶しかないけれど何とか大丈夫だろう。

念のため、途中の自販機で温かいアップルティー(100円)を購入する。

ちなみに一番近いコンビニは、セブンイレブン秩父皆野店(24時間営業)

皆野駅から543m 徒歩8分ほど 0494-62-2332

 

 

荒川を渡りながら胸躍る

 

駐車場から坂を上がって行くと。

ここを直進

 

あ、ヤマレコで見た画像だ。これをまっすぐ突っ切るのね。情報ありがとうございます!

イモカタバミが美しすぎて

 

ノコンギクも残ってる

 

右折してトコトコ歩くとまもなく大渕登山口。

大渕登山口

 

水滴がキレイね

 

うわぁー、ツルウメモドキが鈴なり

 

青空に映えて

 

大好きなツルウメモドキの実がいっぱい!もうこれだけで来てよかったと、序盤からとても幸せな気分に。(#^^#)

 

カウンターをポチッ

 

この後、踏み跡を辿っていたつもりが何故かルートを外してしまう。ジオグラフィカを確認するとやはり登山道から少しずれた場所にいることが判明。すぐ上に尾根が見えていたので急登を這い上がり、無事に登山道に復帰できてホッとした。

 

木漏れ日

 

前原山

 

展望が開ける

 

武甲山?

 

誰もいないと思っていたら前方でチリンチリンと鈴の音。この辺りでご高齢のご夫婦に道を譲って頂いた。

 

おぉっ、紅葉が現れた

 

うわぉ、なんてキレイなの

 

男体拝み

 

男体山は雲に覆われ見えなかったけど、全然残念じゃないよー。この青空に感謝しながら前に進む。

山靴のみち

 

手づくりの道標が可愛い。

 

茶の木

 

オレンジのシャンデリア

 

緑も混じっている

 

関東ふれあいの道

 

猿岩

 

おぉぉぉ

 

う~~ん何とも言えない色

 

今日、来てよかったわ

 

紅葉は猿岩の辺りが一番すごかった。ゴージャスと言ってもいいくらい。

 

東屋があったら山頂はもうすぐ

 

東屋の向こう側から空身で登ってくるご年配男性に出会った。「こんちは!」と元気がいい。地図を見てみると短時間で登れるコースもあるようだ。

 

ぽっかぽかの破風山でひだまりおやつ

 

破風山に到着

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

撮影ありがとうございます

 

自撮りをしようとしたら「撮りましょうか?」と単独女性に言われ素直にお願いする。

(のちに満願の湯でバッタリ。恐らく最短のルートで下りたのだろう。バスではなく舗装路を歩いたと答えると驚かれてしまった)

 

*ひだまりおやつ*チョコパイと温かい緑茶

 

この見晴らし

 

ギザギザ

 

陽射しが暑く、とても12月とは思えない。ぽっかぽかの小春日和。

 

素晴らしい~

 

鎖は使わずとも大丈夫

 

札立峠からの登り返しが結構キツイ。

 

武蔵展望台

 

大前山

 

ここはちょっぴり険しい鎖場

 

大前近道分岐

 

頭の中は既に「温泉、わらじカツ丼、温泉、わらじカツ丼」になっていて(笑)、迷わず近道をチョイス。もう天狗山まで登らなくていいや。

 

こちらにも茶の木

 

2個目の橋を渡ればもうすぐ

 

秩父華厳の滝へ寄ってみる

 

ちょこっとズーム

 

落ち葉もステキ

 

赤い実が気になるって鳥と同じね(^^ゞ

 

舗装道路をテクテク

 

満願の湯で素晴らしい温泉とわらじカツ丼

 

秩父温泉に到着

 

満願の湯

 

平日の割にそこそこ混んでいたのと撮影禁止の張り紙があり撮影はできなかったが、紅葉と滝の景観が望める露天風呂がとても素晴らしい。

風に舞う枯葉が落ちて湯に浮かんでいるさまは、実に風情がある。じっと身体をゆだねているだけで心が落ち着き、わだかまりがほどけていく感じがする。日々の仕事や生活で溜まったストレスが徐々に消えていくような。

湯温はぬるめ(40℃)なので出たり入ったりしながら、1時間くらい浸かっていられた。

遠征しなくても近場でこんないい温泉があったとは。新たな発見というか、またひとつお気に入りの場所が増えた。

 

念願のわらじカツ丼(980円) 満足満足♪

 

「いいお湯でした!また来ます」と横を向いたままご挨拶し帰ろうとしたら、タッチ式の自動ドアに額をゴーンとぶつけてしまった。知る人ぞ知るドリフのコントみたい。(;^_^A

 

【秩父温泉 満願の湯】

http://www.chichibuonsen.co.jp/

 

秩父温泉前バス停

 

最後まで青空ありがとう!

 

秩父鉄道で帰ろ

 

最後に

 

前日にヤマレコ、ヤマケイオンライン、山ブログ等をチェックして急きょ決めた破風山。皆野アルプスはなかなか登りごたえがあったし、おかげさまで下山後の温泉やランチを含め日帰りにしては充実した山行となった。

そういえば、帰りのバスにて序盤で抜かしたご夫婦をお見かけした。私がのんびり温泉に浸かり、わらじカツ丼を味わっている間もゆっくりと歩き続けやっと下山されたのだろう。

例え一日ががりになってしまっても、ご高齢のお二人だけで無事に歩き切ることができるのは素晴らしい。私自身、あの年齢になっても山を歩いているだろうかとふと思った。

季節とルートを変えてまた来よう。

 

 

[日帰り]

08:18 皆野駅

08:30 皆野橋

08:37 カーブミラー

08:40 大渕登山口

08:44 前原尾根コース入口

09:11 前原山

10:03 男体拝み

10:08 風戸分岐

10:30 猿岩

10:39 東屋

10:43 破風山 10:59

11:09 札立峠

11:21 如金峰

11:26 武蔵展望台

11:34 大前山

11:38 近道分岐

11:45 合流地点

11:47 如金峰コース入口

12:05 華厳の滝登山口

12:09 秩父華厳前バス停

12:11 秩父華厳の滝

12:14 華厳の滝登山口

12:47 満願の湯

しおん
山のとりこになって10年。 今一番行きたい場所に、いつもひとり気ままに出かけています。 無類の猫好き。(=^・^=) 東京在住。
\ Follow me /
RELATED POST